北方領土返還「1島たりとも拒否」露住民の9割

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=畑武尊】ロシア政府系の全ロシア世論調査センターは31日、北方領土のロシア人住民を対象にした調査結果を発表した。それによると、島民の9割以上が日本への島の引き渡しに反対していることが明らかになった。

 調査は1月末に電話で行われ、207人が回答した。「平和条約の締結と日露関係の発展のために、南クリル諸島(北方領土)を引き渡すべきか」との質問では、「絶対に引き渡すべきではない」は78%で、「どちらかといえば引き渡すべきではない」は15%だった。「1島たりとも引き渡してはならない」と答えたのは89%に上った。

 今後の交渉については、86%が「すでに問題は解決しており、協議する意味がない」を選んだ。プーチン大統領は、平和条約交渉で世論を重視する考えを示している。

無断転載禁止
418549 0 国際 2019/02/01 18:16:00 2019/02/01 18:16:00 2019/02/01 18:16:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ