ベネズエラ空軍将軍「暫定大統領を認める」…政権に反旗

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【リオデジャネイロ=田口直樹】政情不安に陥っている南米ベネズエラで、空軍の将軍が2日、反米左派のマドゥロ大統領と対立するグアイド国会議長を暫定大統領として認めると表明した。マドゥロ政権を支えてきた軍の現役幹部が反旗を翻すのは、グアイド氏が暫定大統領就任を宣言した1月23日以降、駐米武官に続いて2人目となる。

 フランシスコ・ジャネス将軍はツイッター上に投稿された動画で、独裁色を強めるマドゥロ氏を批判し、「軍人の90%は独裁者ではなく、国民とともにいる」と強調した。軍のツイッターなどでは、ジャネス氏を「裏切り者」と非難する投稿も出ている。

 ほかの軍幹部が追随するかは不明だが、離反が相次げば、マドゥロ政権が不安定化するのは避けられないとみられる。

420313 1 国際 2019/02/03 12:56:00 2019/02/03 12:58:09 2019/02/03 12:58:09

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ