エルサルバドル大統領、中道右派の37歳当選

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

3日、サンサルバドルで、大統領選の中間集計の結果を受け、支持者に応えるブケレ氏と妻(ロイター)
3日、サンサルバドルで、大統領選の中間集計の結果を受け、支持者に応えるブケレ氏と妻(ロイター)

 【リオデジャネイロ=田口直樹】中米エルサルバドルで3日、左派の現職サンチェスセレン氏の任期満了に伴う大統領選があり、中道右派で議会第3党の「国民統合のための大連合(GANA)」のナジブ・ブケレ前サンサルバドル市長(37)が当選した。

 中南米の左派勢力の退潮傾向が改めて示された。エルサルバドルで2大政党に属さない大統領が誕生するのは30年ぶりとなる。

 新大統領の任期は6月1日から5年。選挙管理当局の中間集計(開票率99・94%)では、ブケレ氏の得票率は53・02%だった。ブケレ氏は、右派の「民族主義共和同盟(ARENA)」などによる選挙同盟のカルロス・カジェハ氏(42)や、与党の左派「ファラブンド・マルティ民族解放戦線(FMLN)」のウゴ・マルティネス氏(51)ら他の3候補を大きく引き離した。

 ブケレ氏はサンサルバドルで支持者を前に「我々は歴史をつくった」と勝利宣言した。ブケレ氏は選挙戦でソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を駆使し、汚職撲滅や治安改善などを訴えた。

 エルサルバドルではギャングがはびこり、殺人事件の発生率も極めて高い。汚職や失業も深刻で、中米から米国移住を目指す移民集団「キャラバン」に参加する住民も多い。

423479 1 国際 2019/02/04 21:48:00 2019/02/05 04:36:22 2019/02/05 04:36:22 Presidential candidate Nayib Bukele of the Great National Alliance (GANA) and his wife Gabriela de Bukele gesture as they celebrate with supporters after the first official presidential election results were released in San Salvador, El Salvador, February 3, 2019. REUTERS/Jose Cabezas https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190204-OYT1I50073-T.jpg?type=thumbnail

ニュースランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ