韓国紙は「米朝ウィンウィン、この機会逃すな」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=水野祥】ベトナム・ハノイで始まった2回目の米朝首脳会談について、28日付の韓国各紙は、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長が握手する写真などとともに1面トップで大きく伝えた。社説では、米朝間の合意内容を注視する報道が目立った。

 保守系紙の朝鮮日報は、米朝再会談の成否は、北朝鮮が核関連施設などに関し、「すべて申告し、検証を受け入れ、廃棄すると約束し、その期限を明示するか」にあると主張した。最後に「今日、朝鮮半島の本当の平和への道が切り開かれることを期待する」と添えた。

 左派系の京郷新聞は、正恩氏とトランプ氏が「28日の会談で目に見える成果を導かなければならない。朝鮮半島に平和が訪れるとともに、米朝がウィンウィン(共存共栄)となる、この機会を逃してはならない」と訴えた。

無断転載禁止
466985 0 国際 2019/02/28 10:50:00 2019/02/28 12:03:12 2019/02/28 12:03:12

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ