大規模演習の廃止は「譲歩ではなくカネが理由」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=黒見周平】トランプ米大統領は4日、毎年春に実施してきた米韓合同軍事演習の終了を決めたことについて、ベトナムで2月末に行った北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長との首脳会談では議題にならなかったとツイッターで主張した。

 北朝鮮との非核化交渉を進めるため、トランプ氏が大規模演習の終了で譲歩に出たとの見方を否定する狙いがあるとみられる。

 トランプ氏はツイッターで、「演習の終了を決めたのはかなり前で、米国にとってあまりにも金がかかり過ぎるからだ。とてつもない費用は我々に返済されていない!」と書き込んだ。

 米韓両政府は2日、机上訓練「キー・リゾルブ」と、野外機動訓練「フォール・イーグル」を終了し、小規模な演習に切り替えることで合意した。

無断転載禁止
474118 0 国際 2019/03/05 17:22:00 2019/03/05 18:35:49 2019/03/05 18:35:49

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ