北ミサイル実験場、撤去された施設「一部復旧」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=豊浦潤一、ワシントン=花田吉雄】北朝鮮北西部・東倉里トンチャンリのミサイル実験場「西海衛星発射場」で、撤去された施設の一部が復旧していると韓国の情報機関・国家情報院(国情院)が5日の国会情報委員会に報告した。委員会所属の国会議員の話として聯合ニュースが報じた。

 国情院は「米朝首脳会談が成功し、専門家の立ち会いの下、ミサイル発射場を廃棄する際に広報効果を高める目的と、交渉に失敗した場合、施設を再びミサイル発射場として活用する可能性のいずれもありえる」と説明したという。

 米国の北朝鮮問題研究グループ「38ノース」は5日、「西海衛星発射場」を2日に撮影した衛星写真を公開した。

 38ノースは、ミサイル発射台とエンジン燃焼実験台で再建が進んでおり、エンジン燃焼実験台ではエンジンを支える構造物が再び組み立てられ、隣には二基のクレーンや、地面に建材が多数並べられていることが確認されたとの分析結果を明らかにした。再建作業は2月16日から3月2日の間に始まったとみている。

 東倉里の施設を巡っては、金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長が昨年6月のシンガポールでの米朝首脳会談で、解体の意向をトランプ米大統領に伝えた。その後、38ノースが、北朝鮮が施設の一部の解体を始めたとの分析結果を発表した。昨年9月の南北首脳会談で署名された平壌共同宣言には、東倉里のエンジン実験場とミサイル発射台を関係国の専門家の参観の下、永久に廃棄することが盛り込まれている。

無断転載禁止
475193 0 国際 2019/03/06 14:23:00 2019/03/06 14:47:39 2019/03/06 14:47:39

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ