「震災の知識、世界の人々に」…NYで追悼集会

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=有光裕】東日本大震災から8年を迎えるのに合わせて、犠牲者を追悼する集会「TOGETHER FOR 3・11」が10日夕(日本時間11日朝)、ニューヨーク市内の教会で開かれ、現地に住む日本人や地元市民など約400人が参加した。

 今年で8回目となる追悼集会では、地元の子どもたちが合唱を行った後、宮城県で被災し、15歳から語り部として活動しているカナダに留学中の三浦七海さん(19)がスピーチに立った。三浦さんは「語り部を生きている限り続ける。震災から学べる知識は世界の人々に必要不可欠で、被災者が励まし合って一歩を踏み出せるようにしたい」と訴えた。

 会場を訪れたニューヨークのレストラン経営者(35)は「日本で働いていたことがあるので、決して忘れられない。どんな形でも支援を続けていきたい」と話していた。

無断転載禁止
481827 0 国際 2019/03/11 13:26:00 2019/03/11 13:26:00 2019/03/11 13:26:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ