核・ミサイル実験「中止か継続か」正恩氏表明へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=工藤武人、ソウル=豊浦潤一】北朝鮮の崔善姫チェソンヒ外務次官は15日、平壌ピョンヤンで記者会見し、金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長が、核実験と大陸間弾道ミサイル発射実験の中止を継続するかどうか近く表明する見通しだと語った。ロシアのタス通信や米AP通信が伝えた。

 崔氏は、ハノイで2月末に行われた米朝首脳会談が物別れに終わったことについて、「ポンペオ国務長官とボルトン国家安全保障担当大統領補佐官が、敵意と不信の雰囲気を醸成した」と名指しで批判した。トランプ米大統領については、正恩氏と個人的に良い関係を維持していると評価した。

 崔氏はその上で、「我々はいかなる形でも米国の要求を受け入れる意図はないし、そのような交渉をするつもりもない」と語った。

 ハノイでの会談では、米国が北朝鮮北西部・寧辺ヨンビョンと少なくとも1か所以上の核施設の非核化を迫ったのに対し、北朝鮮は廃棄対象を寧辺に限定した上で経済制裁の解除を求め、合意には至らなかった。米政府高官はその後も、制裁解除や段階的な非核化に見返りを伴わせる措置を取らない姿勢を打ち出している。崔氏の発言は、トランプ政権内のこうした強硬論をけん制する狙いがあるとみられる。

無断転載禁止
490526 0 国際 2019/03/15 19:44:00 2019/03/15 19:44:47 2019/03/15 19:44:47

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ