父が犠牲「許せない」 乱射の現場 市民ら祈り…NZ首相「最も暗い日」

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

16日、ニュージーランドのクライストチャーチで、銃乱射事件があったヌール・モスクの近くを捜索する警察官ら(AP)
16日、ニュージーランドのクライストチャーチで、銃乱射事件があったヌール・モスクの近くを捜索する警察官ら(AP)

 【クライストチャーチ=杉目真吾】銃乱射事件で49人が犠牲となった「ニュージーランドで最も暗い日」(アーダーン首相)から一夜明けた16日、クライストチャーチの事件現場周辺は規制線が張られる物々しい雰囲気の中、市民らが犠牲者を悼んだ。

 襲撃された2か所のモスク(イスラム教の礼拝所)のうち、最初に狙われた市内中心部のヌール・モスク近くには献花台が設けられ、市民らが次々と花を供えた。犠牲者を追悼する寄せ書きもあり、「差別は許さない」「お互い頑張ろう」などの書き込みもあった。近くに住むヘレン・クラークさん(58)は「悪夢としか思えない。なぜこんなことが起きたのか」とうなだれた。

 ニュージーランドヘラルド紙(電子版)によると、アーダーン氏は16日、イスラム教徒の女性が着用するスカーフ「ヒジャブ」をまとって現地を訪れ、地元イスラム教指導者に「(事件ではなく)皆さんへの支援が、ニュージーランドらしさの表れです」と話した。

 一方、主犯格とみられる容疑者の男は16日、裁判所に出廷した。地元メディアによると、男は出廷の際、報道陣に対し、にやりと笑ったり、白人至上主義をアピールしたと思われる手ぶりを見せたりした。

 犠牲となったアフガニスタン出身の男性(71)の息子オマール・ナビさんは、AFP通信に「(父親は)ニュージーランドに定住し、楽園だと話していた」と振り返り、「許せない」と残忍な犯行に憤りをあらわにした。

492337 1 国際 2019/03/16 15:00:00 2019/03/16 15:33:22 2019/03/16 15:33:22 Police officers search the area near the Masjid Al Noor mosque, site of one of the mass shootings at two mosques in Christchurch, New Zealand, Saturday, March 16, 2019. (AP Photo/Mark Baker) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190316-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ