麻薬政策「数千人死亡」調査に反発、ICC脱退

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【バンコク=大重真弓】比英字紙フィリピン・スター(電子版)によると、フィリピンは17日、集団虐殺や人道に対する罪などに問われた個人を裁くオランダ・ハーグの国際刑事裁判所(ICC)から正式に脱退した。

 ICCは昨年2月、ドゥテルテ大統領の看板政策である麻薬取り締まりを巡り、数千人の容疑者が死亡していることから、「人道に対する罪」の疑いがあるとして予備調査に着手した。ドゥテルテ氏は反発し、脱退を宣言していた。ただ、脱退後もICCの調査は継続されるという。

 ICCからの脱退は、ブルンジに続いて2か国目となる。

無断転載禁止
494947 0 国際 2019/03/18 13:58:00 2019/03/18 13:58:00 2019/03/18 13:58:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ