「ギャングのような姿勢」…北朝鮮が米を非難

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】ジュネーブ軍縮会議が19日に開かれ、北朝鮮の代表が、2月末にベトナムの首都ハノイで行われた2回目の米朝首脳会談について、「非核化の前に制裁緩和は不可能だとの不合理な議論を米国が持ち出した」と主張し、「ギャングのような姿勢は、状況を危機に追いやる」と米国を非難した。

 一方、米国の代表は北朝鮮側に対し、「すべての大量破壊兵器と弾道ミサイルの開発計画を放棄することが、安全と発展を獲得する唯一の方法だと理解しなければならない」と述べた。

無断転載禁止
498948 0 国際 2019/03/20 11:26:00 2019/03/20 11:30:25 2019/03/20 11:30:25

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ