タクシン氏「総選挙で不正」「軍政は恥知らず」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

タクシン元首相(AP)
タクシン元首相(AP)

 【ニューヨーク=橋本潤也】タイのタクシン元首相は25日、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)に寄稿し、24日に実施されたタイの総選挙について、票数操作などの「不正が行われた」と主張した。

 選挙では、軍事政権を引き継ぐ「国民国家の力党」が事前予想を上回る票を得て、タクシン派の「タイ貢献党」と競り合った。

 タクシン氏は「一部地域で投票数が投票者を上回り、別の地域では、200%の投票率を記録したと伝えられている。疑わしいほど多くの投票が無効票にもなった」と訴えた。

 軍政の指導者らについて「恥知らず」「何があろうと権力を握り続けたいと考えている」と非難した。

無断転載禁止
508145 0 国際 2019/03/26 17:29:00 2019/03/26 18:33:39 2019/03/26 18:33:39 Former Thai Prime Minister Thaksin Shinawatra welcomes his guests for the wedding of his youngest daughter Paetongtarn ”Ing” Shinawatra at a hotel in Hong Kong, Friday, March 22, 2019. (AP Photo/Kin Cheung) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190326-OYT1I50078-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ