グーグルCEO「中国軍でなく米軍に全面協力」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=海谷道隆】トランプ米大統領は27日、米情報技術(IT)大手グーグルのサンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)と会談した。トランプ氏は会談後、ピチャイ氏が、中国軍でなく米軍に全面的に協力する意向を示したと明らかにした。

 トランプ氏や米軍幹部は、中国に人工知能(AI)の研究拠点を置く一方、米国防総省の一部プロジェクトへの参加を見送る判断をしたグーグルに対し、「中国寄り」との批判を強めていた。トランプ氏はツイッターで「(ピチャイ氏は)『中国軍ではなく米軍に全面的に協力する』と力強く述べた」と表明した。

 米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長も「(グーグルは)中国軍に間接的な恩恵をもたらしている」とけん制していた。トランプ米政権は、先端技術分野で猛烈な進展を見せる中国が、安全保障や経済面での米国の優位性を脅かしかねないとの危機感を強めている。

無断転載禁止
511247 0 国際 2019/03/28 09:48:00 2019/03/28 09:48:00 2019/03/28 09:48:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ