米朝会談、3回目は「数か月以内の実現に期待」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也】ポンペオ米国務長官は1日に放送された米ラジオ番組のインタビューで、トランプ大統領と北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長との3回目の首脳会談について、「数か月以内に実現することを期待している」と述べた。

 2月末にベトナム・ハノイで行われた2回目の米朝首脳会談は物別れに終わった。しかし米国が北朝鮮に対話重視の姿勢を示す狙いがあるとみられ、ポンペオ氏は「トランプ大統領は交渉期限を設けておらず、交渉は一歩前進すれば、一歩後退することもあり得る」と述べた。

 トランプ氏は3月29日、正恩氏との関係について「良い関係を出来る限り長く維持することは非常に重要だ」と強調し、現時点で北朝鮮への追加制裁が不要だとして交渉継続に向けて北朝鮮に配慮する構えを見せていた。

無断転載禁止
518440 0 国際 2019/04/02 13:08:00 2019/04/02 13:08:00 2019/04/02 13:08:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ