正恩氏、条件付きで「第3回米朝会談行う用意」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=豊浦潤一】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長は12日、最高人民会議(国会)で施政演説を行い、米国が「我々と共有できる方法論」を見つけた場合には「第3回首脳会談を行う用意がある」と語った。

 2月末のハノイでの米朝首脳会談が物別れに終わって以降、正恩氏が3回目の首脳会談に言及したのは初めて。完全な非核化が実現するまで経済制裁を続ける構えを崩さない米国に対し、譲歩を求めたものだ。

 正恩氏は「トランプ米大統領との個人的関係は両国関係のように敵視的ではなく、立派な関係を維持している」とし、「今年末までは米国の勇断を待つ」とも述べた。

 さらに「今後、朝米が互いに受け入れ可能な内容が合意文に記されれば署名するが、それは米国がどんな姿勢で臨むかにかかっている」と強調した。

無断転載禁止
535811 0 国際 2019/04/13 11:10:00 2019/04/13 11:11:59 2019/04/13 11:11:59

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ