スリランカ同時多発テロか「教会内吹き飛んだ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【コロンボ=大重真弓、ニューデリー=小峰翔】スリランカの最大都市コロンボや東部バティカロアなどで21日、教会や外資系ホテルなど計8か所で爆発があった。ロイター通信などによると、207人が死亡し、少なくとも450人が負傷した。多くの外国人が犠牲になったほか、複数の日本人がけがを負った模様だ。スリランカ政府は爆弾を使った同時多発テロとみて、背後関係の捜査を始めた。

 複数の地元メディアによると、21日午前9時(日本時間21日午後0時半)前、コロンボ中心部の教会で爆発が起きた。ほぼ同時刻に、シャングリラホテルなどコロンボの3か所の五つ星ホテルと、西部ニゴンボと東部バティカロアの教会などでも爆発があった。さらに、数時間後、コロンボのホテルなど2か所で爆発が起きた。少なくとも一部の爆発は自爆攻撃だったとの情報もある。

 スリランカのシリセナ大統領は声明で、「安全強化のためにあらゆる手段をとる」と表明した。AFP通信によると、ウィクラマシンハ首相は、爆発に関与したとして8人を拘束したと明らかにした。

 21日はイエス・キリストの復活を祝う「イースター(復活祭)」にあたり、爆発が起きた際、教会には礼拝のために多くの人が集まっていた。現場を見たスリランカ人男性は本紙に対し、「数十人のけが人が血まみれで倒れていた。教会内部は吹き飛んだようだった」と話した。

 在スリランカ日本大使館によると、コロンボでは複数の日本人が爆発に巻き込まれて負傷したとの情報がある。

 一連の爆発は、組織的な犯行の可能性が高い。複数の標的が同じ時間帯に襲撃されており、綿密に計画し、準備した上で、複数の実行犯が連携しながら行動したことがうかがわれる。

 スリランカは多民族国家で、1948年の独立以来、特に仏教徒を中心とする多数派のシンハラ人と、ヒンズー教徒主体のタミル人が対立を続けてきた。80年代に、島の北東部の分離独立を主張するタミル人過激派「タミル・イーラム解放のトラ(LTTE)」と政府軍による内戦が起き、2009年まで続いた。内戦終結後、大規模テロなどは起きていない。今回のテロはキリスト教の教会が標的になっており、従来の対立構図とは全く異なるグループが関与した可能性がある。

無断転載禁止
547207 0 国際 2019/04/21 16:05:00 2019/05/20 17:00:02 2019/05/20 17:00:02

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ