スリランカ、死者321人に…NZテロの報復か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

聖セバスチャン教会で行われたテロ犠牲者の葬儀で涙を流す参列者(23日、スリランカ・ニゴンボで)=竹田津敦史撮影
聖セバスチャン教会で行われたテロ犠牲者の葬儀で涙を流す参列者(23日、スリランカ・ニゴンボで)=竹田津敦史撮影

 【コロンボ=小峰翔】スリランカ国防省は23日、コロンボなどで21日に発生した同時爆破テロによる死者が321人となり、負傷者が500人を超えたことを明らかにした。国防担当相は初期段階の捜査結果として、今回のテロが、3月にニュージーランドのモスク(イスラム教の礼拝所)で白人至上主義を掲げた男がイスラム教徒ら50人を殺害した銃乱射テロへの報復との見方を示した。

 スリランカ警察当局が今回のテロに関与したとみて拘束した人数は23日、40人に上った。当局は一連の犯行について、国内のイスラム過激派組織「ナショナル・タウフィート・ジャマアット(NTJ)」が関与したとの見方を示している。国防担当相は、NTJのほかに別の組織が加わっている可能性があることも明らかにした。

 ウィクラマシンハ首相は23日夜、記者会見し、テロとイスラム過激派組織「イスラム国」との関係について、「結びつきがあるのではないかと考えている」と述べた。「自爆犯の中の何人かは、海外へ行き、戻ってきた」とも語った。

 スリランカ政府は23日を「国家追悼の日」と定め、国民はテロの現場を含む各地で犠牲者に黙とうをささげた。

無断転載禁止
550982 0 国際 2019/04/23 21:09:00 2019/04/24 00:06:39 2019/04/24 00:06:39 聖セバスチャン教会で行われたテロ犠牲者の葬儀で涙を流す参列者(23日午前9時59分、スリランカ・ニゴンボで)=竹田津敦史撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190423-OYT1I50068-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ