習主席「質の高い一帯一路」を…フォーラム閉幕

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

27日、北京で、記者発表を行う中国の習近平国家主席(AP)
27日、北京で、記者発表を行う中国の習近平国家主席(AP)

 【北京=中川孝之】中国の巨大経済圏構想「一帯一路」の国際協力フォーラムが27日、北京で閉幕した。習近平シージンピン国家主席は閉幕後に記者発表を行い、新興国の過剰債務の問題などを踏まえた「質の高い一帯一路」の建設を目指すことで一致したと述べた。

 習氏はフォーラムの成果として、計283の合意が政府間などで成立したと述べた。ビジネス部門の会議に参加した企業家らは、総額640億ドル(7兆1440億円)を超えるプロジェクトに署名したという。

 習氏は「質の高い一帯一路」について、インフラ(社会基盤)整備の際に「普遍的に受け入れられた国際ルール」を順守し、財政の持続可能性に配慮することや、事業費が適正であることなどを挙げた。

 一帯一路を巡る経済協力は、新興国が債務過剰に陥ったとの批判が米トランプ政権などから出ている。習氏は2017年5月に続き2回目となった今回フォーラムで、そうした批判をかわすための一定の軌道修正を図ったとみられる。

 閉幕後に発表された共同声明でも、一帯一路は今後、「高いレベル、民生への恩恵、持続可能性を追求する」との表現が盛り込まれた。

無断転載禁止
558249 0 国際 2019/04/27 20:37:00 2019/04/27 21:13:14 2019/04/27 21:13:14 Chinese President Xi Jinping speaks at a press conference after charing the round table summit of the Belt and Road Forum in Beijing, Saturday, April 27, 2019. Xi called Saturday for more countries to join China's sprawling infrastructure-building initiative in the face of U.S. opposition to a project Washington worries is increasing Beijing's strategic influence. (AP Photo/Mark Schiefelbein) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190427-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ