北兵器「露製ミサイルに酷似」…国連決議違反も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=岡部雄二郎】北朝鮮国営の朝鮮中央通信は5日、金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長が4日、日本海上での「火力打撃訓練」を現地指導したと報じた。韓国軍が4日午前に探知した「短距離の発射体」を指すものとみられる。

 朝鮮中央通信によると、訓練では「大口径の長距離放射砲」と「戦術誘導兵器」が使われた。このうち戦術誘導兵器について、韓国の聯合ニュースはロシア製の短距離弾道ミサイルに酷似しているとの専門家の見方を伝えた。弾道ミサイルだった場合、国連制裁決議に違反することになる。

 正恩氏は現地指導の際、「強力な力によってのみ真の平和と安全が保障される」などと述べた。米朝の非核化協議が行き詰まる中、軍事力を誇示して米国をけん制する狙いがあるとみられる。

無断転載禁止
567790 0 国際 2019/05/05 06:34:00 2019/05/05 09:49:48 2019/05/05 09:49:48

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ