イラン、核合意履行の一部停止表明…米に対抗

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【テヘラン=水野翔太】イラン政府は8日、2015年のイラン核合意から米国が離脱したことへの対抗措置として、合意内容の履行を一部停止すると表明した。合意で制限されている核関連活動の一部を再開する。イランは核合意から離脱はしないものの段階的に核関連活動を強化する構えをみせており、イラン情勢をめぐる緊張が高まるおそれがある。

 8日はトランプ米政権が核合意離脱を表明してから1年にあたる。ロハニ大統領はテレビ演説し、「核合意は誰もが恩恵を享受できる取引でなければいけない。米国が望むような、誰かが敗者となるような取引にはしない」と述べた。第1弾として8日以降、国内での貯蔵が一定量に定められている濃縮ウランと重水の国外搬出を取りやめ、貯蔵を始める。

 イランの狙いは、米国の制裁によって止められている原油取引や金融取引の再開だ。ロハニ師は「今後60日間、(英仏独露中の)5か国と協議し、イランの国益である原油と金融取引が保証されなければ、ウラン濃縮の制限を撤廃する」と述べた。核合意に残留する5か国との交渉が不調に終われば、第2弾として高濃度の濃縮ウランの生産再開など核開発を本格化させる方針を示したものだ。一方で「核合意から離脱する意思はない」とも語った。

 こうした措置はロハニ師が8日、5か国に文書で通告した。米国の制裁に苦しむなか核開発を盾に支援を引き出そうとした形だが、強硬姿勢に各国からの反発を招く可能性もある。

無断転載禁止
572273 0 国際 2019/05/08 19:44:00 2019/05/08 21:10:36 2019/05/08 21:10:36

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ