中国での温泉探査で拘束、日本人男性に実刑判決

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【煙台(中国山東省)=東慶一郎】2017年3月に煙台で中国当局に拘束された日本人男性(70歳代)に対する判決公判が17日、煙台市の裁判所(地裁)であり、国家機密情報窃盗罪で懲役5年6月と財産3万元(約48万円)没収の実刑判決を言い渡されたことが、日本政府関係者への取材で分かった。

 男性は、日本地下探査(本社・千葉県船橋市)の社員で、温泉探査のため訪れた煙台で拘束された。判決では、国家機密を窃取し、海外に移送したと認定されたという。男性が温泉開発のために入手した現地の地図データを日本に持ち帰ったことを中国当局が問題にし、その後、中国に戻った男性を拘束したとの情報もある。

 この温泉探査を巡っては、17年3月に煙台と海南省三亜で、社員ら計6人が同時期に拘束された。うち4人は17年7月に解放されたが、今回判決を言い渡された男性と、海南省で拘束された協力会社の男性1人が起訴されていた。

 15年以降、中国では少なくとも9人の日本人がスパイ罪などで起訴された。今回の男性を含め、これまで6人が実刑判決を言い渡されている。

無断転載禁止
588216 0 国際 2019/05/17 19:24:00 2019/05/17 22:18:17 2019/05/17 22:18:17

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ