米軍誤爆で警官17人死亡…政府の治安部隊直撃

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【テヘラン=水野翔太】アフガニスタン南部ヘルマンド州で16日、反政府勢力タリバンを狙った駐留米軍の空爆が政府の治安部隊を直撃し、AP通信などによると警官17人が死亡した。

 米軍はAP通信の取材に対し、誤爆だったことを認め、「地上との連絡に不手際があった。再発防止に努める」とコメントした。

 ゲリラ的なテロを繰り返すタリバンに政府の治安部隊や米軍は苦戦している。国連によると、今年1~3月に誤爆などにより死亡した民間人は305人に上り、反政府勢力の攻撃による227人を上回った。

無断転載禁止
591079 0 国際 2019/05/19 21:31:00 2019/05/19 21:31:00 2019/05/19 21:31:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ