韓国側「偽装された差別」懸念…日本側に適切検査を要求

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=岡部雄二郎】韓国外交省の趙世暎チョセヨン第1次官は31日、長嶺安政・駐韓日本大使とソウルで会談し、日本政府が韓国の水産物に対するモニタリング検査の強化を決めたことについて意見交換した。外交省の発表によると、趙氏は、検査の強化が「韓国産水産物に対する偽装された差別措置」とならないよう日本側に適切な運用を求めた。

 これに関連し、韓国海洋水産省は30日の対策会議で、検査強化に伴って「日本への水産物輸出に支障が出かねない」として、漁業者の衛生設備などへの支援を進めていく方針を確認した。

 日本政府は検査強化の目的を夏場の食中毒対策と説明しているが、東京電力福島第一原子力発電所事故を理由に福島など8県の水産物を輸入禁止にしている韓国側への事実上の対抗措置とみられている。

無断転載禁止
613673 0 国際 2019/05/31 19:48:00 2019/05/31 19:48:00 2019/05/31 19:48:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ