米露艦艇がフィリピン沖で異常接近、非難の応酬

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

7日、フィリピン海で異常接近するロシア軍の駆逐艦(左)と米軍の巡洋艦(AP)
7日、フィリピン海で異常接近するロシア軍の駆逐艦(左)と米軍の巡洋艦(AP)

 【ワシントン=海谷道隆、サンクトペテルブルク=畑武尊】米軍とロシア軍の艦艇がフィリピン海で異常接近した問題を巡り、米露両国は7日、非難の応酬を繰り広げた。米露両軍が接近する事例は各地で起きており、偶発的な衝突も懸念されている。

 米海軍第7艦隊の発表によると、現地時間の7日午前11時45分頃、米ミサイル巡洋艦「チャンセラーズビル」にロシアの駆逐艦が後方から急速に接近し、15~30メートルほどの距離まで迫った。

 シャナハン米国防長官代行は7日、外交ルートを通じ、ロシア政府に抗議する意向を表明した。第7艦隊は異常接近時の動画と写真も公開し、声明で「乗員と艦艇を危険にさらした。職業規範に反するものだ」と指摘した。シャナハン氏は記者団に「(ロシアの行動により)我々の活動が抑えられることはない」とも強調した。

 一方、露海軍太平洋艦隊は7日、米巡洋艦が突然進路を変更し、露駆逐艦「アドミラル・ビノグラードフ」に約50メートルまで接近したため緊急回避を強いられたと発表した。極東ウラジオストクを母港とするこの駆逐艦は4月下旬~5月上旬、黄海での中国海軍との合同演習に参加した。4月中旬には南シナ海でフィリピン海軍との合同演習にも出ている。

 露軍は「米側に抗議し、このような行動は許し難いと指摘した」と非難した。

 米軍は今月4日、米哨戒機が地中海上空で3時間で3度にわたって露軍機に進路を妨害されたと発表した。これに対し、露軍は「シリアの露軍基地に米機が接近したための緊急発進」と反論した。

無断転載禁止
628110 0 国際 2019/06/08 22:12:00 2019/06/08 23:25:09 2019/06/08 23:25:09 In this image provided by the U.S. Navy, a Russian destroyer, left, sails very close to the USS Chancellorsville, right, while operating in the Philippine Sea, Friday, June 7, 2019. The U.S. and Russian militaries accused each other of unsafe actions in the incident. (Photo by Petty Officer 1st Class Christopher J Krucke via AP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190608-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ