トランプ氏「前向きな事起きる」正恩氏から書簡

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

11日、米ワシントンで記者団の取材に応じるトランプ大統領(AFP時事)
11日、米ワシントンで記者団の取材に応じるトランプ大統領(AFP時事)

 【ワシントン=黒見周平】トランプ米大統領は11日、北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長から10日に書簡を受け取ったことを明らかにし、「正恩氏との関係はとても良い。何かとても前向きなことが起きると思う」と述べ、対話の継続に自信を示した。ホワイトハウスで記者団に語った。

 正恩氏の書簡は、シンガポールで行われた初の米朝首脳会談から12日で1年となるのに合わせ、送付されたとみられる。

 トランプ氏は書簡について、「とても温かく、素晴らしいものだ」と説明したが、詳細には言及しなかった。そのうえで、北朝鮮が核実験や長距離弾道ミサイル発射を控えていることを挙げ、「正恩氏は約束を守ってきた」と強調した。北朝鮮が5月、短距離弾道ミサイルを発射したことについては、「単なる短距離の実験だ」と語り、問題視しない立場を改めて示した。

 これに関連し、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は11日、ワシントン市内の会合で3回目の米朝首脳会談について、「可能性は大いにある。正恩氏がカギを握っている」と述べた。会談実現に向けては、「大統領は(対話の)ドアを開けており、北朝鮮が核兵器を放棄しさえすればよい」と指摘した。

632375 0 国際 2019/06/12 10:55:00 2019/06/12 10:55:39 2019/06/12 10:55:39 US President Donald Trump speaks with reporters at the White House in Washington, DC, on June 11, 2019. (Photo by Jim WATSON / AFP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190612-OYT1I50020-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ