香港で若者ら、議会前で抗議…審議開始が延期

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

動画はこちら

12日、香港の立法会(議会)の前に抗議のため集まる人たち=ロイター
12日、香港の立法会(議会)の前に抗議のため集まる人たち=ロイター

 【香港=角谷志保美】香港で12日、犯罪容疑者の中国への引き渡しを可能にする逃亡犯条例の改正案が立法会(議会)で審議入りするのを前に、立法会周辺には多くの人が抗議のために集まり、周辺の幹線道路の一部を占拠した。立法会は12日午前11時(日本時間12日正午)に予定していた審議開始を延期した。

 立法会周辺には12日未明から人が集まり始め、昼頃には数万人に達したとみられる。多くは若者で、大学などの授業を放棄して参加した模様だ。若者らは立法会近くの2本の幹線道路を柵で封鎖し、道路上で「中国送り反対」と叫んで拳を振り上げ抗議の意思を示した。これに対し、香港警察は5000人態勢で立法会周辺を警備し、緊張が高まっている。付近の銀行や商業施設の一部が営業を中止するなど市民生活に影響が出始めた。

 香港中心部では、9日に主催者発表で103万人が参加した大規模デモが行われた。しかし、香港政府は条例改正を推し進める姿勢を崩しておらず、立法会は20日に採決を行う見通しだ。

無断転載禁止
633093 0 国際 2019/06/12 13:16:00 2019/06/12 17:40:01 2019/06/12 17:40:01 Protesters gather outside the entrance to the Legislative Council building in Hong Kong, China June 12, 2019. REUTERS/Thomas Peter https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190612-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ