日本タンカー、ホルムズ海峡で攻撃受け一時出火…メタノール積載

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「国華産業」が運航し、攻撃を受けた「KOKUKA COURAGEOUS」
「国華産業」が運航し、攻撃を受けた「KOKUKA COURAGEOUS」

 国土交通省などに入った連絡によると、中東ホルムズ海峡近くのオマーン沖で13日朝(日本時間13日昼)、航行中の海運会社「国華こくか産業」(東京)のタンカーが2度にわたって攻撃を受け、被弾した。乗員21人はフィリピン人で全員避難したが、1人が軽傷という。攻撃者は分かっていない。ロイター通信によると、ノルウェー関係のタンカー1隻も攻撃されたという。

 国交省や同社によると、タンカーは「KOKUKA COURAGEOUS」(パナマ船籍、1万9349総トン)。可燃性のメタノール2万5000トンを積み、同海峡を航行していた13日午前6時45分頃、左舷後方のエンジン付近に突然攻撃を受けた。

 同社の説明では、砲弾による攻撃で、弾は機関室付近まで達して出火した。乗員らが消し止めたが、2~3時間後、甲板に再度砲弾を受け、全員が救命艇で脱出。付近の船に救助された。タンカーはサウジアラビアからシンガポールに向かう途中だった。現在は現場海域を漂流しているという。

 政府は13日、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。イラン訪問中の安倍首相は関係国と連携し、情報収集と乗組員の安全確保に万全を期すよう指示した。

無断転載禁止
636101 0 国際 2019/06/13 17:01:00 2019/06/13 23:45:50 2019/06/13 23:45:50 「国華産業」が運行し、攻撃を受けた「KOKUKA COURAGEOUS(コクカ・カレジャス)」の写真 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190613-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ