「安倍首相に感謝」も、イランと「取引早すぎる」…トランプ氏

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也、ニューヨーク=村山誠】ポンペオ米国務長官は13日の記者会見で、中東ホルムズ海峡近くのオマーン沖で日本などのタンカー2隻が攻撃された問題について、「イランに責任があると判断した」と述べ、イランの関与を指摘した。米中央軍はこの根拠として、イランの革命防衛隊が不発だった機雷をタンカーから取り外す様子を撮影したとする映像を公開した。イランは関与を否定しており、両国の対立は一層深まっている。

 ポンペオ氏は記者会見で、日本の海運会社「国華こくか産業」(東京)などへの攻撃について、「イランが扇動した一連の攻撃の最新事例にすぎない」と説明した上で、5月中旬にサウジアラビアなどのタンカーがアラブ首長国連邦(UAE)フジャイラ沖で攻撃を受けた事件などを挙げた。

 これに関連し、米中央軍は13日、声明を発表した。攻撃が吸着型の機雷によるものだったとの見方を示し、イランの革命防衛隊が関与したことを示す映像を公開した。小型ボートがタンカーの脇に横付けされ、何らかの作業をしている様子が映されている。米ABCニュースによると、米政府関係者は「イランとのつながりを示す証拠を回収するためだったとみられる」との見方を示した。

 ロイター通信によると、ハント英外相は13日、ポンペオ氏との協議を踏まえ、「同盟国である米国の判断を信じる」と述べ、イランの関与を主張する米国に同調する考えを示した。

 一方、トランプ米大統領は13日、ツイッターで、安倍首相のイラン訪問について、「安倍首相にはとても感謝している」と謝意を示しつつ、「取引はまだ早すぎると感じている」と指摘した。イランの最高指導者ハメネイ師が安倍首相との会談で、自らとの対話を拒否したことに反発した発言とみられる。

 これに対し、イランの国連代表部は13日、「米国の根拠のない主張を断固として否定する」との声明を発表した。ザリフ外相も14日、ツイッターに「事実や状況に基づく証拠も全くなく、米国はイランのせいだとしている」と書き込んだ。

 日本などへのタンカー攻撃を受け、国連安全保障理事会は13日、非公開の緊急会合を開き、「攻撃は国際法違反である」として非難することで一致した。

 緊急会合は、米国の要請で開かれた。米国のコーエン大使代行は「イランは国際社会の平和と安全に対して、明らかな脅威を与えている」と記者団に述べ、イランが攻撃に関与したとの米国の判断を安保理メンバーに伝えたことを明らかにした。安保理決議や声明をまとめるには至らなかった。

 ◆ホルムズ海峡=ペルシャ湾の出入り口になる海峡で、沿岸諸国が産出する原油の搬出路になっている。日本が輸入する原油の約8割がホルムズ海峡を通過しているため、海上交通路の要衝に位置付けられている。

無断転載禁止
637536 0 国際 2019/06/14 12:11:00 2019/06/14 17:42:26 2019/06/14 17:42:26 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190614-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ