米国防長官代行にエスパー氏、シャナハン氏辞退

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=海谷道隆】トランプ米大統領は18日のツイッターで、シャナハン国防長官代行が国防長官への指名を辞退したと発表した。シャナハン氏は長官代行も辞任する。トランプ氏は、新たな長官代行にマーク・エスパー陸軍長官を指名すると表明し、エスパー氏の国防長官への指名も前向きに検討していることを明らかにした。

 トランプ氏は5月にシャナハン氏を国防長官に指名すると発表していた。シャナハン氏は18日の声明で「(上院での)承認手続きは安全保障に焦点があてられるべきだ。悲惨で個人的な家庭問題が掘り起こされるのは望ましくない」と訴え、家族への配慮から指名辞退と辞任を決めた経緯を説明した。米紙ワシントン・ポストなどによると、シャナハン氏は過去に家庭内暴力の問題に直面していた。

 トランプ氏はエスパー氏について、記者団に「彼はとても経験豊富だ」と述べた。国防長官にも指名するかどうかを問われると、「きっとそうなる。まさに私が考えていることだ」と語った。国防総省によると、エスパー氏は24日に国防長官代行に就任する。

 エスパー氏は1986年に陸軍士官学校を卒業後、陸軍入りし、湾岸戦争などに参加した。2007年に退役し、米防衛大手レイセオンの副社長などを経て、17年11月から陸軍長官を務めている。議会や調査研究機関での勤務経験も持つ。

無断転載禁止
645462 0 国際 2019/06/19 02:55:00 2019/06/19 10:39:48 2019/06/19 10:39:48

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ