韓国軍、歪曲して発表か…北漁船入港に気付かず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=豊浦潤一】韓国東海岸の江原道カンウォンド三陟サムチョク港で15日朝、北朝鮮の民間人4人を乗せた漁船(長さ10メートル、幅2・5メートル)が到着し、うち2人が亡命を求めた。北朝鮮船舶を監視する韓国軍や海洋警察は漁船の入港に気づかず、「軍と警察の監視網、無用の長物」(朝鮮日報)と批判を浴びている。

 韓国軍は17日にこの事件を発表する際、漁船が入港するまで気づかなかった事実を公表せず、沖合で発見したかのように記者団に説明していた。実際は、散歩中の住民が防波堤に停泊する漁船と4人を発見した。そのうち1人が「北朝鮮から来た。ソウルに住む叔母に連絡するので携帯電話を貸してほしい」と話したため、警察に通報して発覚したことが住民の証言で明らかになった。韓国国防省が「歪曲わいきょくして発表した」(文化日報)と指摘されている。

 4人のうち2人は、北朝鮮に戻ることを希望したため送還された。

無断転載禁止
647573 0 国際 2019/06/20 07:22:00 2019/06/20 07:22:00 2019/06/20 07:22:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190620-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ