イランへ報復攻撃寸前…トランプ氏、直前に中止

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=海谷道隆】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)など複数の米メディアは20日、トランプ大統領が、米軍の無人偵察機を撃墜したイランに対する報復措置として、限定的攻撃をいったん了承したが、実施直前に急きょ中止させていたと報じた。

 複数の政府高官の話として伝えたニューヨーク・タイムズによると、20日午後7時頃(米時間)までには攻撃が行われる予定だった。航空機や艦艇による攻撃で、イランのレーダーやミサイル部隊などを標的としていた。現地の夜明け前に実施し、市民やイラン兵の被害はできるだけ抑えることを目指していたという。

 トランプ氏が判断を変えたのか、作戦上の問題が生じて変更を余儀なくされたのか、中止にいたった要因は明確になっていないという。作戦計画が今後進められる可能性があるのかも不明としている。

無断転載禁止
650043 0 国際 2019/06/21 13:20:00 2019/06/21 13:30:06 2019/06/21 13:30:06

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ