「中台統一」拒否の蔡氏支持急伸…香港デモで危機感

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【台北=杉山祐之】台湾の民間団体・台湾民意基金会は24日、月例の世論調査結果を発表した。それによると、蔡英文ツァイインウェン総統の支持率は47・7%となり、不支持の43・6%を上回った。この調査で、蔡氏の支持が不支持を上回ったのは、2017年10月以来だ。

 蔡氏の支持率は、今年1月、中国の習近平シージンピン国家主席が提唱した「一国二制度による中台統一」を断固拒否して以降、回復傾向にあった。最近は特に、香港での大規模デモが、中国に対する台湾住民の危機感を強く刺激し、蔡氏支持が急伸している。

 今回の調査では、香港のデモに対して、圧倒的多数の70・8%が支持すると回答し、不支持は12・6%にとどまった。基金会は、この結果について、一国二制度への強い疑念や反対が背景にあると分析している。

無断転載禁止
654957 0 国際 2019/06/24 17:25:00 2019/06/24 18:15:57 2019/06/24 18:15:57

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ