仏で史上最高の45・9度…4千校が休校・短縮

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ヨーロッパは熱波に見舞われ、フランスで28日、観測史上最高の45・9度を記録した。AFP通信によると、フランスのほか、スペインやイタリアで死者が出ている。

 フランスで最高気温となったのは南部ガール県のガラルグルモンテュで、ガール県で2003年夏に記録した44・1度を更新した。フランスではここ数日、ほぼ全域で30度を超える異例の暑さが続いている。

 報道によると、仏国内の学校約4000校が休校や短縮授業になった。政府は熱中症への注意を呼びかけている。

無断転載禁止
663679 0 国際 2019/06/29 20:13:00 2019/06/30 02:23:04 2019/06/30 02:23:04

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ