「暴力行為」への批判相次ぐ…香港議場占拠

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

動画はこちら

2日、香港で、若者らが1日に一時占拠して破壊した立法会(議会)を警備する警察官ら=角谷志保美撮影
2日、香港で、若者らが1日に一時占拠して破壊した立法会(議会)を警備する警察官ら=角谷志保美撮影

 【香港=角谷志保美】香港から中国への犯罪容疑者引き渡しを可能にする逃亡犯条例の改正案撤回を求める若者らによる1日夜の立法会(議会)占拠は、約3時間で警官隊に排除されて終わった。2日には、若者による「暴力行為」への批判が香港政府だけでなく経済界からも噴出した。改正案撤回を求める運動が失速するきっかけとなる可能性もある。

 立法会の梁君彦議長は2日、議会の建物を見回った後に記者会見し、「損壊が非常に深刻だ」として、今週と来週の会議を全て中止すると発表した。香港政府によると1日の抗議運動での負傷者は約60人に上った。

 香港政府トップの林鄭りんてい月娥げつが行政長官は2日午前4時に緊急記者会見し、「香港の法治に深刻な影響を与える不法行為で、憤慨と心痛を感じる。強く責任を追及する」と述べた。

 2日は立法会の親中派議員団に加え、条例改正案に懸念を表明していた香港の弁護士会や在香港米商工会議所が、立法会占拠を「法治への侮辱だ」などと批判する声明を出した。香港の企業からも混乱を懸念する声が上がっている。

 民主派は6月に主催者発表で100万~200万人の大規模デモを行って「民意」を示し、改正案の撤回を求めてきた。香港政府への圧力を強めるはずだった1日の大規模デモにも主催者発表で55万人が参加したが、1日はデモよりも若者らの立法会の一時占拠に注目が集まった。

無断転載禁止
668893 0 国際 2019/07/02 20:23:00 2019/07/02 23:13:55 2019/07/02 23:13:55 2日、香港で、若者らが1日に一時占拠して破壊した立法会(議会)を警備する警察官ら=角谷志保美撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190702-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ