徴用工問題、韓国政府に代案求める

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=水野祥】聯合ニュースによると、長嶺安政・駐韓日本大使は8日、保守系最大野党「自由韓国党」の議員で、韓国国会外交統一委員会の尹相現ユンサンヒョン委員長と国会で会談した。

 長嶺氏は会談で、韓国政府が6月19日に日本側に提示した日韓双方の企業の拠出金を元徴用工に支給する案について、「韓国政府がより進展した案を持って来るなら、交渉の余地があるだろう」と述べた。尹氏は「当初の案は(日本側が受け入れる)可能性がない」と述べ、9日の国会で政府に新たな案を出すよう求めることを明らかにした。

 徴用工問題の解決策を巡り、大統領府高官は8日、新たな代案を出す計画はあるかとの記者団の質問に対し、「既存の立場と同じだ」と述べ、否定的な見解を示した。

無断転載禁止
679283 0 国際 2019/07/08 19:29:00 2019/07/08 22:13:12 2019/07/08 22:13:12

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ