米韓外相が電話会談、対韓規制撤回へ協力要請か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=岡部雄二郎】韓国の康京和カンギョンファ外相は10日深夜、米国のポンペオ国務長官と電話で約15分間会談した。韓国外交省の発表によると、康氏は日本政府による半導体素材の対韓輸出規制強化について、「韓米日の3か国協力の側面から見ても望ましくない」と懸念を伝えた。

 韓国政府は輸出規制強化の撤回に向け、主要国と連携して日本政府に圧力をかけていく方針を明らかにしており、康氏がポンペオ氏に直接協力を求めた可能性がある。安全保障面での3か国連携を重視する米国は日韓関係の悪化を憂慮しており、韓国側は今後、米国への働きかけを強めそうだ。

 外交省によると、康氏は電話会談で輸出規制の強化が「グローバルな供給網を混乱させ、米国企業はもちろん、世界の貿易秩序にも否定的な影響を与える」と訴えた。外交的解決に向けて努力する考えを示した康氏に対し、ポンペオ氏は「理解」を示したといい、両氏は「韓米・韓米日の外交チャンネルを通じた意思疎通を強化」していくことで一致した。

無断転載禁止
684997 0 国際 2019/07/11 11:52:00 2019/07/11 11:52:00 2019/07/11 11:52:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ