日韓関係、米は静観…輸出規制強化で明言避ける

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也】米国務省のオータガス報道官は11日の定例記者会見で、日本政府による半導体材料の輸出規制強化に関し、「日本と韓国は米国の同盟国だ。我々は同盟関係の強化に向けて出来ることは何でもやる」と述べた。日韓との同盟関係の重要性を強調する一方、米国として静観する構えを示した。

 オータガス氏は、韓国が懸念を伝えたとする10日の米韓外相による電話会談の詳細は語らず、規制強化が議題となったかどうかも明らかにしなかった。日韓の仲裁役を務める用意があるかとの問いに対しては、明言を避けた。

無断転載禁止
687931 0 国際 2019/07/12 11:12:00 2019/07/12 11:12:00 2019/07/12 11:12:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ