ウクライナ新大統領、プーチン氏と初の電話会談

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=畑武尊】ウクライナのゼレンスキー大統領は11日、ロシアのプーチン大統領と初めて電話会談した。21日のウクライナ最高会議(議会)選を前に、対立するロシアとの対話を通じて事態の打開を図る姿勢をアピールした。

 両国の大統領府によると、電話会談ではウクライナ東部の紛争解決のため、ロシア、ウクライナ、フランス、ドイツの4か国で和平交渉を進展させる方策について話し合った。

 ゼレンスキー氏は5月の就任式で、議会解散を表明した。今秋に予定されていた議会選を繰り上げ、自身が設立した政党で選挙戦に臨んでいる。政治基盤を強める狙いがあるとみられる。

無断転載禁止
688707 0 国際 2019/07/12 18:44:00 2019/07/12 22:57:52 2019/07/12 22:57:52

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ