米国務次官補が会見、日米の安保協力強化に意欲

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 来日中のデビッド・スティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は13日、青森県三沢市の米軍三沢基地で記者会見し、「日米の同盟と関係は周囲の状況変化に適応していかねばならない」と日米の安全保障協力強化に努める意向を表明した。

 スティルウェル氏は先月20日に国務次官補に就任した。就任後、今回が初来日となる。三沢基地で1997~99年に戦闘機パイロット、2008~10年に司令官として勤務した経験がある。

無断転載禁止
690097 0 国際 2019/07/13 19:40:00 2019/07/14 00:11:59 2019/07/14 00:11:59

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ