世界の9人に1人、北は人口半数近くが栄養不足

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=村山誠】国連食糧農業機関(FAO)は15日、2018年に世界の人口の9人に1人にあたる8億2000万人が栄養不足に陥っているとの報告書を発表した。北朝鮮では人口の半数近くが栄養不足で、北朝鮮の食糧事情が悪化している状況が浮き彫りとなった。

 報告書によると、世界の栄養不足人口比率は、04~06年の14・4%から16~18年は10・7%に減少し、改善がみられた。一方、北朝鮮では、04~06年の35・4%から16~18年は47・8%と大幅に増加しており、1220万人が栄養不足に陥っているという。

 国連が今年3月に公表した報告書でも、北朝鮮の18年の食糧生産量が自然災害などによって過去10年で最低水準まで落ち込み、特に農村部で食糧不足が深刻になっていることが指摘されている。

無断転載・複製を禁じます
692857 0 国際 2019/07/16 14:44:00 2019/07/16 14:44:00 2019/07/16 14:44:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ