韓国「日本が恣意的で一方的に設定した期限に同意したことはない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=水野祥】韓国人元徴用工の訴訟を巡り、韓国大統領府の金鉉宗キムヒョンジョン・国家安保室第2次長は19日、日本が求めた日韓請求権協定に基づく仲裁手続きについて「問題を根本的に解決することが難しい」との見方を示した。河野外相の談話を受け、大統領府で記者会見を開いた。

 金氏は、韓国政府が仲裁手続きに応じず、期限切れを迎えたことについて「日本が恣意しい的で一方的に設定した期限に同意したことはない」と反論し、韓国側の対応を正当化した。また、仲裁手続きを通じた紛争解決について「結果的に一部勝訴、一部敗訴となることが多くなる」と述べ、解決は難しいと指摘した。

 大統領府関係者は19日、記者団に「全ての手段や方法をまずは試すことが合理的だと思う」と述べ、対話による問題解決がふさわしいとの考えを示した。

 一方、韓国外交省は19日、「日本政府の一方的かつ恣意的な主張に同意できないし、関連する要求に拘束される必要もない」との立場を表明した。

無断転載禁止
699540 0 国際 2019/07/19 23:29:00 2019/07/19 23:29:00 2019/07/19 23:29:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ