三菱重資産の売却命令、裁判所に申請…原告側

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=岡部雄二郎】韓国国内での損害賠償請求訴訟で三菱重工業に勝訴した元女子勤労挺身ていしん隊員ら原告側は23日、すでに差し押さえを済ませた三菱重工業の資産に対して売却命令を出すよう裁判所に申請した。

 原告側の発表によると、対象となる資産は、三菱重工業が韓国国内に持つ特許権6件と商標権2件で、裁判所が申請を認めた場合、これらが売却されて現金化され、原告への賠償にあてられることになる。一連の手続きには少なくとも数か月はかかる見通しだ。

 元女子挺身隊員や元徴用工の訴訟を巡っては、これまでに日本製鉄(新日鉄住金が改称)と不二越の資産について、勝訴した原告側が売却命令を申請している。

無断転載禁止
704365 0 国際 2019/07/23 15:15:00 2019/07/23 15:15:00 2019/07/23 15:15:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ