米が日韓に仲介案、外務省「第3国仲介なじまない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本、米国、韓国の3か国外相会談が2日午後、バンコクで開かれる。米政府は日韓対立が対北朝鮮連携に影響を与えることへの懸念を強めており、仲介に乗り出す。

 菅官房長官は2日午前の記者会見で、「ホワイト国」から韓国を除外した閣議決定を巡り、「日韓関係は非常に厳しい状況だが、連携すべき課題では連携することが重要だ」と述べ、北朝鮮問題などでは協力を続けていく考えを強調した。

 米政府高官は、新たな強硬措置を控える仲介案を日韓に提示したことを明らかにしている。米国は日米韓外相会談でも仲介案を説明するとみられる。

 日本政府は、米側の仲介案を検討するが、「輸出管理の問題は各国の判断で行うもので、第3国の仲介はなじまない」(外務省幹部)との立場だ。韓国側には引き続き徴用工問題での対応を求めていく方針だ。

無断転載禁止
721744 0 国際 2019/08/02 12:23:00 2019/08/02 12:23:00 2019/08/02 12:23:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ