「GSOMIAは重要」米が韓国に継続要請か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

9日、ソウルで、会談を前に握手するエスパー米国防長官(左)と韓国の鄭景斗国防相(AP)
9日、ソウルで、会談を前に握手するエスパー米国防長官(左)と韓国の鄭景斗国防相(AP)

 【ソウル=海谷道隆、水野祥】訪韓中のエスパー米国防長官は9日、韓国の鄭景斗チョンギョンドゥ国防相と会談し、北朝鮮による挑発行動が続く中、米韓同盟を強化する方針で一致した。エスパー氏はまた、北朝鮮の核・ミサイル情報を日韓で共有する「日韓軍事情報包括保護協定」(GSOMIA)の重要性を説き、韓国側に協定継続を促したとみられる。

 日韓関係が悪化する中、韓国側は1年ごとの更新期限となる24日を前に協定を破棄する可能性を示唆している。エスパー氏は、実際に破棄されれば日米韓の円滑な連携に支障が生じかねないと懸念しており、7日の岩屋防衛相との会談で、協定の重要性を確認していた。

 鄭氏は会談の冒頭、日本政府による韓国向け輸出管理の厳格化措置について言及し、「日本は経済報復措置を発表し、韓日関係と米韓日の安全保障協力に悪影響を与えている」と韓国側の主張を繰り返した。エスパー氏は、北朝鮮の完全な非核化まで対北制裁を「断固として続ける」と明言した。会談では、トランプ大統領が増額を求める米軍駐留経費の韓国側負担についても意見交換したとみられる。

 エスパー氏は9日午後には、文在寅ムンジェイン大統領と会談する予定だ。

無断転載禁止
733409 0 国際 2019/08/09 13:51:00 2019/08/09 18:15:03 2019/08/09 18:15:03 U.S. Defense Secretary Mark Esper, left, and South Korean Defense Minister Jeong Kyeong-doo, right, hold their hands ahead of a meeting at Defense Ministry in Seoul, South Korea, Friday, Aug. 9, 2019. (AP Photo/Lee Jin-man, Pool) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190809-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ