「オペラ界の公然の秘密」ドミンゴ氏セクハラか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

プラシド・ドミンゴ氏(ロイター)
プラシド・ドミンゴ氏(ロイター)

 【パリ=作田総輝】AP通信は13日、スペイン出身の世界的なオペラ歌手プラシド・ドミンゴ氏(78)のセクハラ行為を告発する被害女性9人の証言を報じた。ドミンゴ氏のセクハラは「オペラ界の公然の秘密だった」という。

 報道によると、被害を訴えたのは歌手8人とダンサー1人で、セクハラは1980年代から長期間にわたって続いたとされる。ドミンゴ氏は、自身が監督を務めるロサンゼルス・オペラに参加する歌手らにキスを強要したり、仕事をちらつかせながら性的関係を迫ったりしたという。

 ドミンゴ氏は、AP通信に対する声明で、「私のやり取りは全て合意されているものと信じていた。私と一緒に仕事をしたことがある人は、私が故意に誰かを傷つける人間ではないと知っている」と反論した。

 ドミンゴ氏は「世界3大テノール」の1人として知られる。来日経験も多く、東日本大震災直後の2011年4月にも日本で公演を行った。

無断転載禁止
739525 0 国際 2019/08/14 10:11:00 2019/08/14 10:31:23 2019/08/14 10:31:23 FILE PHOTO: Opera singer Placido Domingo sits during an event at the Manhattan School of Music in New York, U.S., May 11, 2018.   REUTERS/Shannon Stapleton/File Photo https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190814-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ