香港空港、100便以上欠航…抗議禁止の命令も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

香港国際空港で13日、警官隊による排除を警戒して出発ロビーへの入り口を封鎖する若者ら=角谷志保美撮影
香港国際空港で13日、警官隊による排除を警戒して出発ロビーへの入り口を封鎖する若者ら=角谷志保美撮影

 【香港=角谷志保美】香港政府への若者らによる抗議運動で2日間にわたってまひ状態に陥った香港国際空港は14日、通常業務がほぼ回復した。しかし、混乱の影響で既に100便以上の欠航が決まっている。空港管理局は14日、空港側が指定した場所以外での抗議運動を禁止する裁判所の臨時命令を取得したと発表した。

 香港国際空港では12、13両日、数千人の若者らがロビーを占拠し、乗客らの搭乗手続きを阻止するなどして約600便が欠航となった。空港ロビーでは、14日朝も一部の若者が座り込みを続けているが、空港側は14日は若者らの過激な行動を抑え込む構えだ。

 13日夜には、中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報の記者ら中国人2人がそれぞれ若者らに取り囲まれて暴行を受け、救急隊に救出される事態も起きた。その際、若者らと警官隊が衝突し、若者ら5人が警察襲撃容疑などで拘束された。

 これを受け、香港政府は14日未明、「市民社会の最低線を越える凶悪な行為だ。警察は容赦なく法を執行する」とする声明を出した。

 中国人記者への暴行は中国本土でも大きく報じられ、インターネットには批判の書き込みが集中している。

無断転載禁止
739654 0 国際 2019/08/14 12:03:00 2019/08/14 12:03:00 2019/08/14 12:03:00 香港国際空港で13日、警官隊による排除を警戒して出発ロビーへの入り口を封鎖する若者ら=角谷志保美撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190814-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ