ロシア反政権デモ「宣伝するな」グーグルに警告

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

モスクワで行われたデモに参加する人々(10日、AP)
モスクワで行われたデモに参加する人々(10日、AP)

 【モスクワ=工藤武人】ロシアのプーチン政権が、9月のモスクワ市議選を巡る市選管の不正疑惑に端を発した反政権デモの拡大に神経質になっている。11日には露通信監督局が、米情報技術(IT)大手グーグルに対し、傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」が無許可デモの宣伝を許可しているとして抗議した。

 露通信監督局は、動画配信を利用者に伝えるユーチューブの「プッシュ通知」機能が、デモ開催を周知する役割を果たしているとして問題視し、グーグルが対応しなければ「内政干渉や、ロシアの民主的な選挙を阻害する行為とみなす」などと書面で警告した。ロシアでは若い世代を中心にユーチューブが主要な情報源として浸透している。

 露外務省も9日、在モスクワ米大使館がサイトに掲載したデモ開催に関する「警戒情報」が「デモ参加の呼びかけ」にあたるとして、米大使館に抗議した。

 7月中旬から毎週続くモスクワでの反政権デモは規模が拡大しており、今月10日は参加者数が5万人を超えた。タス通信によると、ペスコフ露大統領報道官は13日、一連のデモに関し「政治危機を示すものではない」との認識を示した。

無断転載禁止
741791 0 国際 2019/08/14 18:06:00 2019/08/14 20:35:25 2019/08/14 20:35:25 People with posters show portraits of detained protesters and slogan reads ”Give us right to vote” gather during a protest in Moscow, Russia, Saturday, Aug. 10, 2019. Tens of thousands of people rallied in central Moscow for the third consecutive weekend to protest the exclusion of opposition and independent candidates from the Russian capital's city council ballot. (AP Photo/Alexander Zemlianichenko) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190814-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ