首相靖国玉串料、中国不快感も「断固反対」使わず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=田川理恵】中国外務省の華春瑩フアチュンイン報道局長は15日、安倍首相が私費で靖国神社に玉串料を奉納し、一部の衆参両院議員が神社を参拝したことについて、「歴史に対する一部の政治的要人の誤った態度を反映している。実際の行動をもってアジアの隣国と国際社会の信を得るよう求める」との談話を発表し、不快感を表明した。例年使用してきた「断固反対する」との表現は用いず、改善が進む日中関係を考慮した可能性がある。

無断転載禁止
744214 0 国際 2019/08/16 00:00:00 2019/08/16 00:00:00 2019/08/16 00:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ