GSOMIA破棄「韓国の決定に失望」米ポンペオ氏

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也】米国のポンペオ国務長官は22日、訪問先のカナダの首都オタワで記者会見し、韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことについて、「日韓には対話を継続するように促してきたが、韓国の決定には失望している」と述べた。同盟国に対する批判は異例で、ポンペオ氏は日韓の対立が安全保障分野にまで波及した事態を重くみたものとみられる。

 ポンペオ氏は記者会見で、GSOMIAの破棄決定を受け、韓国の康京和(カンギョンファ)外相と電話会談を行ったことを明らかにした。決定を巡る米側の不満を直接伝え、日本との緊張緩和を急ぐよう求めた模様だ。ポンペオ氏は「日韓共通の利益が米国にとって重要なのは疑いようがない。関係の正常化に向けて日韓が動き出してくれることを期待している」とも語った。

 国務省としても22日、声明を出し、「GSOMIAを破棄すれば、米国および同盟国の安全保障上の利益を阻害することになると、文在寅(ムンジェイン)政権には何度も説明してきた」と指摘した。その上で、破棄の決定に関し「北東アジアの厳しい安全保障環境について、文政権が深刻な思い違いをしていることを示している」と批判した。

 韓国国防省関係者によると、米国のエスパー国防長官は韓国の鄭景斗(チョンギョンドゥ)国防相と23日午前、電話で会談し、破棄の決定に懸念を伝えた。

 米国防総省は22日にも2回にわたって声明を出し、「日韓が他の分野で摩擦を抱えていたとしても、我々の相互防衛を巡る完全性は断固として維持されなければならないと信じている」と強調した。米国は北朝鮮や中国と対峙(たいじ)するにあたって日米韓の連携を重視し、GSOMIAの締結を日韓に対し強く後押しした経緯がある。国防総省の声明は、日韓の対立が安全保障分野にまで影響を及ぼすような事態は避けるべきだとの考えをにじませたものだ。

 また、韓国外交省関係者は読売新聞の取材に対し、GSOMIAの破棄について、23日中に外交ルートを通じて日本側に正式に通告すると明らかにした。

無断転載禁止
758027 0 国際 2019/08/23 10:01:00 2019/09/21 11:00:03 2019/09/21 11:00:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ