北朝鮮、SLBM試射準備の兆候…米研究機関

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】北朝鮮が東部・新浦シンポの造船所で、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射試験の準備を進めている兆候があることが、米政策研究機関「戦略国際問題研究所」(CSIS)の分析で分かった。北朝鮮は7月、「新たに建造した潜水艦」の写真を公開しており、SLBM搭載型潜水艦の実戦配備に向けた動きを強める可能性がある。

 CSISが今月28日に公表した分析結果によると、26日に新浦の造船所を撮影した衛星写真には、ミサイルの試験用発射台を備えたはしけ船と、発射試験の際にはしけ船を沖合に引航するとみられる船が並んで停泊している様子が確認された。岸壁に設置されたクレーンや複数の人の姿も写っていた。CSISは「発射試験の準備の可能性を示唆するものだ」としている。

 韓国国防省は、北朝鮮が7月に写真を公開した潜水艦はSLBMを3発搭載可能な新型で、「遠からず進水する可能性がある」との見方を示している。

 北朝鮮によるSLBM搭載型潜水艦の建造について、CSISは「完全な非核化の可能性が低下していることを示唆する。北朝鮮の弾道ミサイルの脅威を著しく増大させ、地域の防衛計画を難しくするだろう」と指摘した。

無断転載禁止
769537 0 国際 2019/08/29 18:57:00 2019/08/29 19:56:37 2019/08/29 19:56:37

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ